×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

活動報告 本文へジャンプ







































































































































































































































2006/09/01 
NHKミニミニ映像大賞出展作品
「キミさえいれば」原作:大山陽介
「玄関(仮)」原作:中島裕作
撮影

19時30分〜21時30分
場所は八尾市の大山さん宅。
メンツは監督:中島、助監督兼音声:小林
出演:石井、大山

去年に引き続き、対NHKミニミニ用作品をジーザスで制作。
珍しく(?)、和気藹々と楽しく撮影。

「玄関(仮)」の方は、今日の四人全員が出演してたりします。

2006/09/03

10時〜12時
伊丹空港にて「リミットエンド」シーン5の撮影。
スタッフ:中島、小林
出演:原田、大山、田中

空港内でのゲリラ撮影の為、特にスタッフは張り詰めた緊張の中撮影。
空港内に警官がいたのだが、何とか無事に乗り切りました。











13時〜16時
石井さんが加わり、小林宅にてリハーサル。
銃が体に着弾する演技が、難しいです。
単に撃たれるだけでなく、カッコよく撃たれて欲しいので。
















18時〜22時
石井さんとは別れ、川田さん、橋野さん、友野さんと合流し、
天満橋にてシーン1、7、9の撮影。
橋野さんによる、浮浪者が殺される特殊メイクには圧巻の一言。

今日一日は長時間だったにも係わらず、皆が上手く意志疎通でき、まとまって動けたので良かったです。


2006/09/05 

「リミットエンド」シーン1の撮影。

18時30分〜25時過ぎ
場所は千里中央の小林宅付近の住宅街。
監督:中島
助監督兼音声:小林、
小道具・照明:川田
出演:石井、武田、田中、吉田

リハーサル&準備を経て、19時半から撮影開始。
役者陣の演技は、ほぼ完璧だったので敵は通行している車と蚊だ!って感じでしたね。

怖かったのが、車が田中さんを跳ねる寸前で止まる映像を撮ったんですが、マジで当たる寸前ギリギリで車が止まったので、リアルに轢かれるかと思いました。

通常の撮影の他に、田中さんの衣装の中にダンボールを詰め込んで、ダミー田中人形を作って、それが車に跳ねられるシーンの撮影。
新御堂筋を石井さんが運転している映像を、もう一台の車で並走して撮影しました。



2006/09/12 
19時〜21時半
第2期JESUS FILM ミーティング 4回目
メンツ:中島、小林、石井、川田
場所:場末の喫茶展

07年3月の上映会についての話し合い。
まずはメンバーで、上映会のイメージを共有する所からスタート。
チラシ制作:石井
上映機材担当:川田
予約管理:小林
で担当が決定。

23時〜24時半
リミットエンド、小道具・特殊メイク会議
メンツ:中島、川田、橋野
場所:ファミレス

クライマックスシーンでの血糊り等の連携プレーについて打ち合わせ。

2006/09/18

「リミットエンド」クライマックスシーンのロケハン
9時〜18時
メンツ:中島、川田

和歌山方面の廃墟を数件回りました。
最終的に廃レストラン「エナジー」と採掘現場を撮影場所と決定しました。



2006/09/30

「リミットエンド」クライマックスシーンの撮影
20時〜早朝5時
スタッフ:中島、小林、川田、橋野、間杉
役者:石井、武田、原田、大山、田中

和歌山由良町の採掘場にて撮影。
現場は凄く砂が舞いやすくて、機材の故障が心配される中、撮影。

火薬の発火シーンも撮影する予定だったんですが、機材の不調により次週に延期に。

新メンバーでのオールナイト撮影は初で、こういった撮影は初めてのメンバーもいたので、事前にハードさを徹底して伝えておくべきだったと痛感。

次週の撮影では今回以上に上手くみんなをまとめれるように、しっかり監督します。